宇宙船E-Action号を探索!

せんだいE-Action

E-Actionステージ

戻る

このページではこれまでのE-Action!の活動をご紹介していきます。
今後もいろいろなイベントを企画しています。

これまでの主なE-Action!活動

2015年3月14日〜18日
E-Action、世界へ発信!第3回国連防災世界会議にて、「E-AC×CON」受賞作品が展示されました!
2015年2月24日
ドロシーリトルハッピーからみんなへ!
E-AC×CON 新聞記事コンテスト「取材記者はキミだ!」の表彰式を行いました!
2015年1月20日
ドロシーリトルハッピー出演!E-Action WEB CMの撮影をしました!!
2014年11月11日
「取材記者はキミだ!」E-AC×CON 新聞記事コンテスト審査会
in 河北新報社
2014年7月28日
「E-AC×CON 新聞記事コンテスト 取材記者キミだ!」サポート企画
ワークショップ「プロのコツを知ろう in 河北新報社」
2014年7月25日
「E-AC×CON WEB CMシナリオコンテスト CM監督はキミだ!」
募集説明会
2014年6月2日
クールビズ2014 キックオフ・イベント in 仙台
E-Action情報局、ニュース大賞表彰式&サプライズライブ! at 泉松陵小学校 2014年3月19日
E-Action情報局
ニュース大賞表彰式&サプライズライブ! at 泉松陵小学校
ドロシーリトルハッピーとecoしよう♪ in エコプロダクツ東北2013 2013年10月24日
エコプロダクツ東北2013
「ドロシーリトルハッピーとecoしよう♪ in エコプロダクツ東北2013」
エコフェスタ 2013年9月1日
エコで守ろう未来の地球
エコフェスタ
ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in KHBまつり 2013年8月31日
「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in KHBまつり」
仙台七夕 せんだいE-Action! スペシャルライブ 2013年8月8日
仙台七夕
せんだいE-Action! スペシャルライブ
中田夏まつりステージ「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in 中田夏まつり」 2013年8月4日
中田夏まつりステージ
「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in 中田夏まつり」
TBC夏まつり『DANCE DANCE Evolution』イベントでE-Actionオフィシャルソングを歌いました 2013年7月20日、21日
「TBC夏まつり」で、「せんだいE-Action!」Presents!!
『DANCE DANCE Evolution』が開催されました
仙台・宮城デスティネーションキャンペーン 伊達な杜舞台でライブを行いました 2013年4月13日、14日
仙台・宮城デスティネーションキャンペーン
イベント『伊達な杜舞台』でライブを行いました。
ウェブCM企画イベント「ドロシーリトルハッピーと写真を撮ろう!」 2013年3月17日
ウェブCM企画イベント「ドロシーリトルハッピーと写真を撮ろう!」
藤崎インストアライブ『つなごう復興応援フェア』が開催されました 2013年3月10日
藤崎インストアライブ「つなごう復興応援フェア」で
「せんだいE-Action」オフィシャルソングを歌いました。
せんだいE-Action!スペシャルサポーター「ドロシーリトルハッピー」が仙台市長を表敬訪問しました 2013年2月18日
せんだいE-Action!スペシャルサポーター
「ドロシーリトルハッピー」が仙台市長を表敬訪問
せんだいE-Action!発信イベント「みんなで知ろう!E-Action!」 2013年2月15日
せんだいE-Action!発信イベント「みんなで知ろう!E-Action!」
せんだいE-Action!公開講座「みんなでE-Study!」~ドロシーリトルハッピーと3Eを学ぼう♪~ 2012年12月21日
せんだいE-Action!公開講座「みんなでE-Study!」

「E-AC×CON」新聞記事部門と、WEB CM シナリオ部門で受賞された方の作品が、 仙台で開催された第3回国連防災世界会議 パブリックフォーラムにて展示されました!

このイベントは、仙台市内の各所で行われ、様々な講演、展示物の展示が行われました。

関連イベントや各所の展示会場には、海外の方も沢山訪れていました。

国際色豊かな5日間となりました。





せんだいメディアテークは、国内外から集まった様々な防災関連の展示で賑わっています。





E-Actionのブースは、5階ギャラリーでした。 こちらがその様子です!


展示されたのは、新聞記事部門の受賞者6名の作品、そして、WEB CM シナリオ部門優勝者が監督したCMが、実際にモニターにて映し出されました!

外国の方にもE-Ationのことを知ってもらうために、みなさんの作品に、英訳をつけました。



沢山の人が、E-Actionのブースを見てくれています。


子ども達が一生懸命書いた作品に、顔を近づけて見て下さっている方々も! 外国の方も、足をとめて展示を見て下さいました。




嬉しいことに、受賞者のみなさんや、そのご家族の方々も見に来て下さったようです!
混雑の中、出会えたお二人に写真をお願いして撮影させて頂きました!

省エネ部門賞受賞 樋口歩美さん 省エネ部門賞受賞 小金澤伊織さん




今回の展示で、たくさんの人に受賞者の方々の作品を見て頂くことができました。
外国の方や、E-Actionという単語を初めて聞くには、みんなの作品に共感してもう場面や、激励を受けたりすることもありました。

みんなの想いが込められた作品が、たくさんの人の心に届けられる。そんな素晴らしい5日間でした。
E-Actionが世界に発信された大きなイベントとなったので、これからも、みんなでどんどん発信していきましょう!


■実施概要

タイトル 第3回国連防災世界会議で、「E-AC×CON」受賞者の方の作品が展示されました。
実施日時 2015年3月14日(土)〜18日(水)
場所 せんだいメディアテーク5階ギャラリー
実施内容 せんだいE-Actionで開催の「E-AC×CON」で受賞された方の作品が展示されました。

▲このページのトップへ

E-AC×CON 新聞記事部門コンテスト「取材記者はキミだ!」で受賞された方の表彰式を行いました。
今回訪問させていただいたのは、中田小学校と泉松陵小学校です!

中田小学校では、全校生徒が体育館に集まっての表彰式となりました。
みんな続々と集まって、どきどき、そわそわ。
先生方も勢揃い!

まずは、校長先生のお話。E-Actionの説明や、コンテストの説明のあとに、サプライズゲスト、スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーの紹介です!

続いてお待ちかねの授賞式です。

中田小学校からは見事
「大賞」「ドロシーリトルハッピー特別賞」
「奨励賞」が3名で、
5人の受賞者の方が表彰されました!


大賞 5 年 1 組、渡邉 杜馬さん

ドロシーリトルハッピー特別賞 5 年 3 組、野村 拓人さん


ここからは、奨励賞のみなさんです!



ドロシーリトルハッピーより、表彰状と記念品の電波時計、参加賞が送られました!

みなさん、本当におめでとうございます!!



表彰式のあとは、みんなで記念撮影です!


中田小学校コンテスト受賞者のみなさん

続いて、泉松陵小学校での授賞式です。
校長室で行われました。

喜ばしい表彰式に、受賞者のみんなと同じくらい、先生方もわくわくしていました。

泉松陵小学校からは、「蓄エネ部門賞」「奨励賞」が8名で、9人の受賞者の方が表彰されました。

受賞児童が揃い、校長先生のお話。みんなが一生懸命調べたことが身になったこと、本当にすばらしいことです。
そして、サプライズで来てくれた、ドロシーリトルハッピーから表彰状と記念品、参加賞が送られました。

蓄エネ部門賞 5 年 2 組、白鳥 大暉さん


ここからは、奨励賞に輝いた8名の皆さんです!おめでとうございます!










みんなで記念撮影♪泉松陵小学校コンテスト受賞者のみなさん

先生と一緒に、E-Actionポーズ!

表彰式のあとは、ドロシーリトルハッピーと握手です。

みんな、本当におめでとう!先生もみんなもにこにこです。

受賞者のみなさん。この度は、本当におめでとうございます!そして、沢山の3Eを届けてくれて、ありがとう!
今回のコンテストで、みんなは自分で調べて、伝えるという大事なことを学びました。
日常にある様々な3Eを発見し、エネルギーの大切さも学ぶことが出来たと思います。みんながみつけてくれたたくさんのE-Actionを、これからも実行して行ってください!あなたが続けることで、未来は大きく変わります!


全応募作品は、こちらで掲載しています!
「E-ACxCON 新聞記事部門」ページ

■実施概要

タイトル 「E-AC×CON 新聞記事コンテスト 取材記者はキミだ!」
受賞者 表彰式

実施日時 2015年2月24日(火)
場所 中田小学校・泉松陵小学校
実施内容 せんだいE-Actionで開催の「E-AC×CON WEB CMコンテスト CM監督はキミだ!」で受賞された方の表彰式。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計4名)

▲このページのトップへ

仙台市内の高校・大学・専門学校生を対象にした、「E-AC×CON WEB CMシナリオコンテスト CM監督はキミだ!」で見事!
優勝に輝いた、日本デザイナー芸術学院仙台校 デザイン学科 グラフィックデザインコースの瀬戸寿秀さんの作品を基にCM撮影を行いました!
瀬戸総監督、よろしくお願いします!





CM制作のプロの協力のもと、入念なスケジュール作成、ロケハン、リハーサルが行われます。 プロの現場に、少し緊張。真剣なムードで準備が進められます。







瀬戸総監督、真剣な様子でシナリオを片手に悩んでいます。
どのようなCMにしたいのか・・・最後まで、妥協する様子はありません。

「E-Actionをたくさんの人に知ってもらいたい」

そういった思いが伝わってきます。



皆さんもちろんご存じですよね!
宮城では有名な悪者、Dr.ガオールとケヤンキー!
ヤンダー軍団の登場です!

いつもは宮城のスーパーヒーロー、ダッチャーと日々戦っているようですが、今日は・・・

我がE-Actionスペシャルサポーター、ドロシーリトルハッピーがお相手のようです!
・・・どこで写真を手に入れたのでしょうか。


ワンシーンごとの入念な打ち合わせ。細かな動作を一つ一つ確認します。
ほんの少しの動きの違いも見逃しません。
どのような動作が、一番見る側に伝わりやすいのかを考えながらシーンを撮影していきます。


屋外での撮影も行われました!この日は風が強い日でしたが、スタッフもヤンダー軍団も寒さに耐えつつ、飛ばされそうになりながらも、納得のいく映像が撮れるまで何度も挑戦!
・・・ケヤンキー、とっても寒そうです。





主役のドロシーリトルハッピーの出番です!
元気いっぱいフレッシュな登場に、撮影チームの士気も高まります! 以前開催した、本コンテストの募集説明会で、

「元気が出るような、笑顔があふれるCMにしたい」

と話してくれたドロシーリトルハッピー。
総監督をはじめとするスタッフ一同、同じ気持ちで今日のために準備を進めてきました。


立ち位置を確認しています。
カメラから見たときのポジションが重要なので、映像を確認しながら何度も微調整。

いよいよ撮影もラストシーンとなりました。全員気合いを入れ直します。
ドロシーメンバー、スタッフ一同も最後まで気を抜きません。
みんなの思いを一つに!E-Action!



撮影に引き続き、ナレーションの録音です。

ドロシーリトルハッピー5人全員の声が揃うシーンでは、
直っすぐな気持ちが 私たちの心に力強く響き、
E-Actionを訴えかけてくれます。


ドロシーリトルハッピーの皆さん、ヤンダー軍団の皆さん、スタッフの皆さん、そして瀬戸総監督!ごくろう様でした! もっと多くの人たちに「E-Actionを実行して欲しい」という思いが、 このCMを通して伝わりますように。
CMは、WEBにて2月公開予定!!明るく楽しいCMになっていますので、みなさま お楽しみに!!

【関連リンク】:『「せんだいE-Action」WEB CM制作風景』のページ

■実施概要

タイトル ドロシーリトルハッピー出演!
E-Action WEB CMの撮影をしました!!

実施日時 2015年1月20日(火)
場所 仙台市某所
実施内容 せんだいE-Actionで開催の「E-AC×CON WEB CMコンテスト CM監督はキミだ!」で優勝した瀬戸寿秀さんの作品のCM撮影。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

E-ACxCON新聞記事コンテスト審査会を行いました!


はじめに審査員の紹介、コンテストの概要、審査方法などの説明がありました。



審査にご協力下さった方々をご紹介します!


東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻
中田俊彦教授

河北新報社 教育プロジェクト事務局
大槻俊順さん

仙台市環境局環境都市推進課
田中課長


各分野から、プロの目線で審査を行います。また、E-Action Laboの私たち5名も含め、総勢10数名の審査員により、審査は進められました!


審査方法の説明です。

・募集テーマに沿った作品であるか
・実際に自分で調べたこと、考えたことを記事にしているか
・取材に基づく第3者のコメント等があるか
・新聞記事として注目を集める工夫があるか
(写真やイラスト含む)
・見やすさ、内容の分かりやすさ
・伝えようとする意欲を重視(独自の工夫や丁寧さ)

以上の審査基準に照らし合わせながら審査を進めることになり・・・
いよいよ!審査開始です!


審査は審査員長に選ばれた中田教授の進行のもと進められました。
応募作品数はなんと、全部で284作品!

まず、各審査員の方々が受賞候補作品を数点選びました。
次に、選考作品の中から受賞作品を選びます!



応募作品は、子供らしいカラフルなイラストを使ったものや、実体験をもとに独自の視点から3E について考えた作品、難しいテーマをイラストで分かりやすく説明している大人顔負けの作品、 どれも素晴らしい作品ばかりです。
その中から審査基準を確認しながら話し合いをしていきました。




子供達のユニークな記事に思わず笑顔になったり、ビックリするような最新の技術をテーマにしている作品に関心させられたり、どれも子供達の努力がみえる作品で審査員も悩みます・・・。


自ら取材をして参加している作品か、子供ならではの感性が光る作品か、評価のポイントも重要です。


そして議論の後・・・ついに!最終的に大賞1作品、
省エネ部門賞2点、創エネ部門賞1点、蓄エネ部門賞1点、
DLH特別賞1点が受賞作品として選ばれました!
また、中田教授の提案から、今回惜しくも受賞に至らなかった各審査員の選考作品も奨励賞としてサイトにて掲載することとなりました。


各受賞作品はこちら!「E-ACxCON 新聞記事部門」ページ




応募してくれた小中学生のみなさん、協力してくれた保護者の方、各学校関係者の方、ありがとうございました!
今回のコンテストで子供達が自分で体験し、調べることによって3Eについて幅広い理解を深め、自然を大切に思う心や、環境問題解決に自ら考え行動する気持ちを持つきっかけになればと思います。なによりも子供達が自分で作り上げたという自信と素敵な思い出ができたと思います。
これを機会にこれからも身近にあることから3Eを考えていきましょう!

■実施概要

タイトル 「取材記者はキミだ!」E-AC×CON 新聞記事コンテスト審査会
in 河北新報社

実施日時 2014年11月11日(火)
※審査会は終了いたしました。
会場 河北新報社 本社(仙台市青葉区五橋)
実施内容 せんだいE-Actionで開催の「取材記者はキミだ!」E-AC×CON 新聞記事コンテスト審査会。
東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻 中田俊彦教授、河北新報社教育プロジェクト事務局の大槻俊順さんほか総勢10数名の審査員で審査しました。

▲このページのトップへ

小・中学校生を対象にした「E-AC×CON 新聞記事コンテスト 取材記者キミだ!」のサポート企画として、 「プロのコツを知ろう in 河北新報社」ワークショップが青葉区にある河北新報社本社ホールにて開催されました。










せんだいE-Actionスペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーが登場。「みなさん、ようこそ!」

最初は、東北大学大学院工学研究科 技術社会システム専攻 中田 俊彦教授による エネルギーについてのお話しです。

エネルギーは目には見えないけれど、身の回りの様々なことに関係しています。「3E(省エネ・創エネ・蓄エネ)が見える」機器を紹介しながら、エネルギーの大切さと上手な暮らし方を解説していただきました。

■蓄電池(リチウムイオンバッテリー)

電気が止まった時も一時的に電気を供給できます。非常時にライトとしても使用できますが、コンセントがついていて一般家電にも電力を供給できます。
会場では一般家庭用の扇風機をつなげて使ってみました。
扇風機はイベントの間、ず〜と回っていましたよ!

■放射温度計・サーモグラフィと二酸化炭素濃度計

エアコンを使う際、普段から部屋が何度なのか知ることは、省エネのために大切です。
地球温暖化防止のためには二酸化炭素の排出量も気になります。

状況を正しく把握することは3E活動の必要性を理解するために大切なことです。

会場の天井照明器具の一部は180℃位にもなる部分があって、びっくりです! エアコンで空気を冷やしながら、照明で熱を出していたんですね。

■LED電球

白熱灯や蛍光灯に比べ電力の消費が格段に少ないLED電球。最近は小型のものや、照らす角度を調節できるものもあり、価格も下がってきています。LED電球を使うと省エネになるだけではなく、電気代も安くなります。 また、ほとんど熱を発しないのもLEDの特徴です。

他にも電気自動車(ハイブリッド車)など、おもしろいエネルギーのお話しをしていただきました!

続いて「プロのコツを知ろう in 河北新報社」ワークショップです。
講師は、河北新報社で記者として活躍されていた大槻俊順さん。
現在は教育プロジェクト事務局に所属され、子供達に新聞づくりの楽しさを伝えています。


ドロシーリトルハッピー、各メンバーのE-Actionをご紹介。

「冷蔵庫を無駄に開けない!」
「冷房を控えめにしたり、冷房の部屋にみんなで集まるクールシェアをしています!」
「使わない部屋の電気をこまめに消す!」
「コンセントを抜く!」
「すずしい服を着る!」

生活の中でのE-Actionがいろいろですね!


今日のワークショップでは
①何を取材したいか、どこに行きたいか、考えよう
②ドロシーリトルハッピーにインタビューしよう
の2つのワークを通して取材のコツを学びます!

「なぜE-Action新聞を作るの?」から考えて、「E-Action新聞を作る流れ」「取材が基本!」という新聞作りで大切なことを始めに教わりました。

新聞を作るときは、①何を取材するか決める ②取材の約束をする、下調べをする ③会って話を聞く、写真をとる ④何を書くか考える ⑤記事を書く、読み直す という一連の流れがあるのですね。

「取材が基本!」実際に現場に行くこと、会話することがとても大切なのですね!

早速1つ目のワーク、「何を取材したいか、どこに行きたいか、考えよう」です。
取材先にいってみたい「場所」「人」「こと」を考えて、ふせんに1つずつ、どんどん書き込みます!

みんなと一緒にドロシーリトルハッピーも考えています。

取材先をイメージするために、せんだいE-Actionに協力いただいている施設や企業等のリストも。

取材先をふせんに書き込んだ後、グループ内で各自発表しました。学校が違う子も一緒のグループなので、簡単な自己紹介をしてからの発表です。

「太陽光発電の詳しい仕組みを知りたい」
「コンビニとか大きなビルの省エネはどうやっているのか」
「電気自動車のメリットを知りたい」
「学校施設の省エネなどの工夫」
「おじいちゃん、おばあちゃんの知恵とか」
「LEDの仕組みを知りたい」
「エネファームって何?」
など、取材したいことがいっぱい!

ドロシーリトルハッピーも「どこに取材に行きたい?」ということで発表しました。

・近所のソーラーパネルを設置している家に創エネ・蓄エネの具体例を聞いてみたい!
・エコカーについてもっといろいろ知りたい!
・太陽光発電のついた学校などに行って、実際にどのくらい役に立っているのか知りたい!
・地面の場所によって、どのくらい温度が違うのかを調べたい。
 そして打ち水をしたら温度が下がるのか実験したい!
・阿部蒲鉾店の工場で、どのような省エネをしているのか知りたい!

ドロシーリトルハッピーのメンバーも知りたいことがいっぱいです!


休憩をはさんで、第2部。


実際に取材に行くとなると、どうしたらいいか分からないこともあります。そこで、取材を行うための具体的な方法を教えてもらいました。

まずは取材の約束の取り方。
取材場所が決まったら電話をかけて、学校名、名前を話します。
そして「エネルギーに関する新聞を作るため取材したい」「夏休みの宿題で取材したい」など、目的を話します。
何月何日何時にどこに行けばいいのかを、できれば2回は確認しましょう。









取材に行く前の準備も大切です。
自分の知りたいことを整理したり、読む人に伝えたいことも考えよう!


いざ取材に行ったら、元気にはっきり聞いてみましょう!
①元気にあいさつ・自己紹介 
②取材の目的・発表方法を伝える 
③写真・録音の許可を取る 
④取材時間を確認する


取材は「キャッチボール」が大事だそうです。
①相手の目を見て、はっきり質問 
②メモをとる 
③時々あいづち 
④相手の名前、年齢、肩書き、住所、連絡先を聞きましょう。


上手なメモの取り方について。
話しを聞きながら言葉を全て書くことはできないので、ポイントとなる単語をカタカナで書きましょう。取材後、早めに読み返して整理することも大切とのこと。


そして2つ目のワーク「ドロシーリトルハッピーにインタビューしてみよう」 です。

みんなが記者になって、ドロシーリトルハッピーにインタビューします!


まずみんなで聞きたいことを考えます。
そして各グループにドロシーリトルハッピーのメンバーが入ってインタビュー。
初対面の人にもしっかり話を聞けるよう、元気いっぱいのあいさつから練習です。


ドロシーリトルハッピーに質問!

「ドロシーリトルハッピーをやっていて大変なことは?」 「中学・高校では何部?」
などなど、

みんないろいろなことをインタビューしていました!

始めは緊張気味のみんなもインタビューを進めるうちに打ちとけて話がしやすくなり、更にいろいろと聞けるようになっているようでした。
もちろん、インタビューの終わりには元気に「ありがとうございました!」のあいさつです。

写真の撮り方についても学びました。全体を撮るのか、伝えたいものを思い切ってアップにするのか?
撮り方によって伝わり方も変わります。いろいろ試してみましょう。


記事の書き方は「大事なことを始めに」が基本!
そして「説明的なこと」、「付けたし」の順番です。










書き方についてのポイントして、
・3Eの取り組みを数字や具体例で詳しく書く
 (○%、○人、○か所)
・知らない人が読んでも理解できるように書く
・誰か自分以外の人の話をのせる
・どこにある施設、どんな取り組みをしているか
 分かるように書く
・取り組みの理由、背景を入れる
 (どうして?、理由や効果など)
などがあげられました。

見出しも大切です。見出しは「読む」のではなく「見る」もの。
一目でパッと分かるためには、主見出しは8〜10字でつけることがポイント!だそうです。
確かに文字数が少ない「富士山世界遺産へ」の方が パッと目に入って理解しやすいですね。

以上で盛りだくさんのワークショップが終了。おつかれ様でした!

ワークショップの後、E-ActionステッカーとソーラーLEDライトキーホルダーのプレゼントがありました!

この夏休み、プロ記者のコツを学んで、実際に取材に行って「E-AC×CON 新聞記事コンテスト 取材記者はキミだ!」にどしどしご応募いただければと思います!

■実施概要

タイトル プロのコツを知ろう in 河北新報社
実施日時 2014年7月28日(月)
※イベントは終了いたしました。
会場 河北新報社 本社1階ホール(仙台市青葉区五橋)
実施内容 せんだいE-Actionで開催の「E-AC×CON 新聞記事コンテスト 取材記者はキミだ!」のワークショップ。中田俊彦教授のエネルギーについてのお話し。ドロシーリトルハッピーも一緒に参加の記事の書き方ワークショップ。取材や見出しの書き方についても学びました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

高校・大学・専門学校生を対象とした「E-AC×CON WEB CMシナリオコンテスト CM監督はキミだ!」の募集説明会が7月25日、仙台市青葉区のエルパーク仙台、スタジオホールにて行われ、多くの方に参加いただきました。










司会はワッキー貝山さん。
軽快なMCにみなさんも引き込まれます。


まずはE-Actionについて、ウェブやこれまでの活動などをご紹介しながら みなさんに知ってもらいました。

そして今回公募しているWEB CMシナリオコンテストについての募集の説明です。

優勝特典はドロシーリトルハッピーを起用したCM撮影権!
どんなCMを作るかはみなさんの発想次第です。

ドロシーリトルハッピーが登場。メンバーそれぞれが「どんなCMに出演したいか?」を発表しました。
ドロシーリトルハッピーは、元気が出るような、笑顔があふれるCMが希望のようです。
「強みはもちろん歌とダンス!」

続いてドロシーリトルハッピーのミニライブ。 オフィシャルソング「E→Action!」をはじめ、新曲も披露しました。
身近で披露されたステージを観て、CM出演のイメージが湧いてきたかな?

CMシナリオ制作の経験をしたことがある人は少ないのでは?ということで、CM制作のプロにシナリオづくりのヒントとなる講義をしていただきました。

講師はグレープシティ株式会社 ワインスタジオ事業部 映像ディレクターの青木陽平さんです。

国外、国内のCMを上映し、様々な切り口から解説いただきました。
効果的な技法の事例を5つ紹介します。


●事例01『新しい価値観の提案』
・英国の百貨店Harvey NicholsのクリスマスキャンペーンCM
クリスマスといえば「プレゼントをあげる」のが普通。 この価値観をひっくり返します。 人にあげるプレゼントはチープに(!)して、自分にこそプレゼントをしようという新しい価値観を提案。 キャンペーンは大成功で客数upにつながりました。


●事例02『言葉は要らない?』
・Audiの自動車CM
音声も文字もない、エンジン音だけのCM。車の映像とエンジンの音だけで車の性能の良さが表現されています。 ・VOLVOのトラックCM
ぴったり並行して走る2台のトラック。なんとその間に人が立っています。ゆっくりと距離を広げる2台のトラック。 間に立つ人は足を180度まで広げて余裕の表情!! スタント、映像加工なしのシンプルなCMで、トラックの走行性の高さがしっかり伝わります。


●事例03『連呼する』
・日野自動車のCM
「HINOの2トン」→「ヒノノニトン」をとにかく連呼。「?」から商品への興味が湧きます。 ・キューピーのCM
歌にのせて「たらこ」を連呼する有名なCM。頭にメロディーが残りますね。 ・タマホームのCM
多くの人の知っている有名な曲を使い、決めの部分を会社名に変更したCM。つい歌ってしまいませんか?


●事例04『日常を異常に』
・ホットペッパーのCM
洋画の映像に大坂弁を重ねた、違和感のあるCM。声入れは担当のディレクター。予算をかけずに「ズレ」を上手く使ってインパクトを出しています。 ・TOYOTAの海外向けCM
座席、ワイパー、トランク・・・車のあらゆる部分が眼鏡をかけた七三分けの日本人サラリーマン!
奇妙で非日常であると同時に「日本人の勤勉さに裏打ちされた性能の高さ」を見事に表現しています。


●事例05『人に見立てる』
・アベールジャパンのCM
ボックスティッシュを擬人化。カップヌードルが出来上がるまでフタのおさえとして使われたボックスティッシュが嘆きます。 ・Canal+のCM
仏の有料民間テレビ局Canal+のCM。 制作会議を仕切り、迫力ある戦闘シーンを指示・撮影し、CG加工までこなすのは、何と熊の敷物!? 普段リビングのテレビの前に敷かれている「熊」が、テレビに一番詳しくなっていたというCM。 あなたもこの熊のようにスキルをアップできるかも?


●絵コンテの書き方 ホンダカーズ宮城のCMを例に
ドロシーリトルハッピーを起用して制作したCMについて参考絵コンテをもとに具体的に説明していただきました。


絵コンテは絵の上手、下手は気にしなくてもOK!
CMの流れをイメージしやすいように秒数(尺)、動きの説明、効果音などを入れていきます。

レベルは問いません!要はあなたのアイディアが伝わればいいのです。



帰り際、ドロシーリトルハッピーからのE-Actionステッカーのプレゼントも!

■実施概要

タイトル 「E-AC×CON WEB CMシナリオコンテスト CM監督はキミだ!」募集説明会
実施日時 2014年7月25日(金)
※イベントは終了いたしました。
会場 エルバーク仙台 スタジオホール(青葉区一番町)
実施内容 せんだいE-Actionで開催の「E-AC×CON WEB CMシナリオコンテスト CM監督はキミだ!」の募集説明会。
E-Actionについて紹介、ドロシーリトルハッピーのスペシャルミニライブ、プロの映像ディレクター、青木陽平氏の講義などを行い、コンテスト応募についての説明を行いました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

環境省が推進しているクールビズの普及啓発の為のイベント「クールビズ2014 キックオフ・イベント in 仙台」に、せんだいE-Actionも参加しました!









気持ちがよく晴れた日の会場は、一般の方や報道の方などでいっぱいです。
クールビズの概要説明のあと、各関係者の挨拶がありました。


環境省 東北地方環境事務所
坂川所長

宮城県 環境生活部
青木次長

仙台市 環境局
大友局長

株式会社藤崎 常務取締役営業本部
小野寺本部長

挨拶のあと、東北の百貨店6社によるクールビズファッションショーが行われました。
モデルは各百貨店の方々で、クールビズのトレンドのファッションを紹介!


そしていよいよ、ドロシーリトルハッピーの登場です。
仙台に暮らすみんなが環境を考えるきっかけを作って欲しい〜そんな想いが込められた、せんだいE-Action!のオフィシャルソング『E→Action!』を歌いました!


「せんだいE-Action」の取り組みなども、ご紹介しました!

その後、元サッカー日本代表、ベガルタ仙台アンバサダーの平瀬智行さんが登場!
クールビズトークショーも行われました。

最後にフォトセッションが行われました。

「クールビズ2014 キックオフ・イベント」は多くの方々に「せんだいE-Action」を知って頂ける、とても良い機会となりました!

■実施概要

タイトル クールビズ2014 キックオフ・イベント in 仙台
実施日時 2014年6月2日(月)
※イベントは終了いたしました。
会場 藤崎 本館サンモール側特設会場
実施内容 6月2日、サンモールで行われたイベント「クールビズ2014 キックオフ・イベント in 仙台」で、 せんだいE-Action!スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーが 『E→Action!』を歌い、「せんだいE-Action」の取り組みなどを紹介しました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

E-Action情報局において見事、ニュース大賞と部門賞に選ばれた情報を寄せていただいた 泉松陵小学校で「E-Action情報局、ニュース大賞表彰式&サプライズライブ!」が行われました。

体育館に今回E-Actionで大賞と部門賞を獲得した 3年生と5年生、120名ほどが集合しました。

これまでのいろいろな省エネなど取り組み、 そして夏休みの課題だった「E-Aciton情報局」のお話しの後、 E-Actionスペシャルサポーター、ドロシーリトルハッピーが登場。 みんなびっくりです!

ドロシーリトルハッピーの自己紹介、 E-Actionの説明をしました。

続いて授賞式です。

泉松陵小学校からは見事
「ニュース大賞」「省エネ部門賞」
「蓄エネ部門賞」「FEEL Sendai賞」
の4つの受賞作品が選ばれました!


ニュース大賞 5 年 2 組、樋渡 亮介様

省エネ部門賞 5 年 1 組、日野 夏実様

蓄エネ部門賞 3 年 1 組、高橋 来望様

FEEL Sendai賞 3 年 1 組 鈴木 諒真様

ドロシーリトルハッピーより、賞状と記念のDVDが送られました。

おめでとうございます!!

※各賞を含む応募作品はE-Action情報局ページに掲載しています。

授賞式の後はドロシーリトルハッピーのスペシャルライブが行われました。
「CLAP! CLAP! CLAP!」「ストーリー」「E-Action!」 の3曲のステージです。
先生をはじめ、見ていた生徒もだんだんノリノリになって、大盛り上がりです!


ライブ後はE-Actionサイトなどのお知らせもしました。

そして学年ごとの記念撮影です!


泉松陵小学校3年生のみなさん


泉松陵小学校5年生のみなさん

教室への帰りはドロシーリトルハッピーとハイタッチ!

ドロシーリトルハッピーも泉松陵小学校のみんなも元気いっぱいのステージでイーアクションでした!!

これからも3E活動、せんだいE-Actionをよろしくお願いします!

■実施概要

タイトル E-Action情報局、ニュース大賞表彰式&サプライズライブ!
at 泉松陵小学校

実施日時 2014年3月19日(水)
※イベントは終了いたしました。
会場 仙台市立泉松陵小学校、体育館
実施内容 E-Action情報局のニュース大賞に選ばれたニュースを投稿した泉松陵小学校にて ニュース大賞の表彰式とサプライズライブを行いました。
「せんだいE-Action」の広報活動やウェブサイトについての紹介も行ないました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

ドロシーリトルハッピーとecoしよう♪ in エコプロダクツ東北2013

10月24日〜26日開催の「エコプロダクツ東北2013」に「せんだいE-Action」も出展しました。
会場は夢メッセみやぎです。


関連リンク:
エコプロダクツ東北2013サイト
(http://www.e-products.jp/2013/)




24日には「ドロシーリトルハッピーとecoしよう♪」ステージを開催しました。
会場の特設ステージにて、開始前から立ち見のお客さんもいっぱい。
歌が始まると更にどんどんお客さんが増えていきます!

ステージでは「せんだい E-Action」オフィシャルソング「E→Action!」を含む、ドロシーリトルハッピーの新曲など5曲を披露。 元気いっぱいのパフォーマンスにお客さんもノリノリです。





ステージの途中、「せんだいE-Action」の活動やウェブサイトについての紹介も!

終了後にはハイタッチ会も!たくさんの方々に笑顔を届けました!

「せんだいE-Action」や「せんだいE-Action2013実行委員会」の活動紹介パネルや啓発グッズを展示して活動を紹介しました。また、電気自動車「E-Action号」、電動自転車「DATE BIKE(ダテバイク)」の展示も人気でした。


3日間にわたる様々な企業・団体の出展のほか「伊達武将隊と学ぼう!エコな暮らし(26日)」「エコキッズ体験隊(24日)」「セグウェイ試乗会(26日)」などのイベントも。

「エコプロダクツ東北2013」は「せんだいE-Action」を知っていただける、いい機会となりました!

■実施概要

タイトル ドロシーリトルハッピーとecoしよう♪ 
        in エコプロダクツ東北2013

実施日時 2013年10月24日(木) 13:10~13:40
※イベントは終了いたしました。
会場 夢メッセみやぎ
実施内容 10月24日〜26日開催の「エコプロダクツ東北2013」に「せんだいE-Action」出展。
「せんだいE-Action」や「せんだいE-Action2013実行委員会」の活動紹介パネルや啓発グッズを展示。
24日には「ドロシーリトルハッピーとecoしよう♪」ステージを開催。
「せんだいE-Action」の広報活動やウェブサイトについての紹介などを行ないました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

エコフェスタワケルくん、ワケミちゃん

エコで守ろう未来の地球
エコフェスタのステージイベント『ドロシーリトルハッピーとE-Action!』を開催しました。

9月に入りましたが、真夏のような晴天のもと、
エコで環境に優しいイベントが勾当台公園市民広場で開催、大勢の来場者で賑わいました。

せんだいE-Action2013実行委員会ブース エコフェスタ会場内にはリサイクル体験、太陽光発電、箸やまな板の自作、 リユースマーケットが多数出展されていました。
「せんだいE-Action2013実行委員会」からもブース参加。たくさんの方々に 「せんだいE-Action」の取り組みについて知って頂きました。

EVカー E-Action号





「せんだいE-Action2013実行委員会」のブースの隣には EVカー(電気自動車)「E-Action号」を展示。
これから街を走り回る予定です!
EVカー E-Action号



バッテリーチャージ中!排気ガスの無い電気自動車です。


ライブ開始! 「せんだい E-Action」オフィシャルソング「E→Action!」を含む 4曲を歌いました。

暑い中、今回もたくさんのお客さんにご来場いただきました!

晴天のライブ! 台風が接近し一時天気が危ぶまれましたが、
ドロシーリトルハッピーの元気にはかなわなかったようです!

会場の一体感 会場はすごい盛り上がり!
ファンの皆様との一体感は凄かった!

E-Actionについて






せんだいE-Actionの取り組みとメンバーのE-Actionを紹介。
「皆さんが実践しているE-Actionを教えて!」との呼びかけにたくさんの方が手を挙げてくれました!
発表して頂いた方には、ドロシーリトルハッピーのサイン入りオリジナルDVDを贈呈!

ライブ終了 ライブが終了し、恒例のハイタッチ会です。
いつもながらあっという間に長蛇の列が出来上がります!

数々のライブでのE-Actionの呼びかけが浸透してきていることを実感したイベントでした。
これからも引き続きE-Actionを広めていきます!

■実施概要

タイトル エコで守ろう未来の地球 エコフェスタ
実施日時 2013年9月1日(日) 11:10~11:40
※イベントは終了いたしました。
会場 勾当台公園市民広場
実施内容 9月1日、勾当台公園市民広場で開催されたエコフェスタのステージイベントで、 せんだいE-Action!スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーが 『ドロシー・リトル・ハッピーとE-Action!』ライブを行いました。
「せんだいE-Action」の取り組みや、「E-Action」ポーズを来場の皆様に広めました。
また来場者が実践しているE-Actionについて発表していただきました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in KHBまつりドロシーリトルハッピー

勾当台公園野外音楽堂を会場に「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in KHBまつり」を開催しました!

たくさんの方々がステージの開始を待っています。
ケヤキの木陰が残暑を和らげてくれました。








13:00、ぐりりステージ(野外音楽堂)にドロシーリトルハッピーが登場!
まずは「せんだいE-Action」活動の紹介です。 E-Actionポーズのレクチャーの後「せんだい E-Action」オフィシャルソング「E→Action!」を歌いました!会場の皆さんも「E-Action!」

ステージでは10月リリース予定の新曲「ASIAN STONE」を含む全6曲を披露!
熱気溢れるステージにお客さんも盛り上がりました。












心地の良い青葉の中、
ドロシーリトルハッピーの歌声が響きます。

当日のKHBまつりはフリーマーケットのイベントなども行なわれ多くの人で賑わいました。
資源を大切にして、新しいものを作るエネルギーを抑えるという意味では フリーマーケットもE-Actionですね!









ステージの後は、来場のみなさんと握手会。
多くの方々に楽しんでいただきました!

■実施概要

タイトル ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in KHBまつり
実施日時 2013年8月31日(土) 13:00~13:30
※イベントは終了いたしました。
会場 勾当台公園、野外音楽堂
実施内容 8月31日、仙台市勾当台公園にて開催された「2013 KHBまつり」において、 ステージ「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in KHBまつり」 を行ないました。
E-Action活動取組みやウェブサイトの紹介とドロシーリトルハッピーのライブステージを行ないました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

仙台七夕 せんだいE-Action! スペシャルライブ短冊に願い事

仙台七夕・おまつり広場ステージイベント
『せんだいE-Actionスペシャルライブ☆七夕はドロシーリトルハッピーとE-Action!』を開催

夏本番を迎え、仙台七夕祭りも最高潮!
そんな七夕祭り最終日にぴったりの熱いライブになりました。

DLH登場! おまつり広場ステージイベント司会の、 ワッキー貝山さんと高野志津さんに紹介され ドロシーリトルハッピーが登場! お待ちかねのステージが始まりました!

E-Actionポーズの説明





ドロシーリトルハッピーが「せんだいE-Action」の取り組みを紹介 メンバーが実行している節電の工夫も披露し、「E-Action」のポーズを来場の皆さんに広めました!
スペシャルサポーター大活躍です!


ライブ開始! 「せんだい E-Action」オフィシャルソング「E→Action!」でライブがスタート!colorful life、未来への虹、Dear My Friend、どこか連れていって、set yourself free の6曲を歌いました。ファンの皆さんの盛り上がりが凄かった!

沢山の来場者でした
さすが仙台七夕のイベントだけあり大入りのライブ!

ペットボトル吹き流し 響く歌声 暑さを忘れさせるドロシーリトルハッピーの歌声が響き渡ります!

恒例ハイタッチ会 恒例のライブ終了後のハイタッチ会!
「せんだいE-Action」のうちわをプレゼントしました。

ライブが終了して







パワフルなライブが終了し、控室でほっと一息
「せんだいE-Action」の活動もだいぶ知られて来ましたが、 これからもたくさんの方々に「E-Action」を広めていきます!

■実施概要

タイトル 仙台七夕 せんだいE-Action!スペシャルライブ
実施日時 2013年8月8日(木) 15:40~16:10
※イベントは終了いたしました。
会場 勾当台公園市民広場
実施内容 8月8日、仙台七夕祭り おまつり広場ステージ会場に、 せんだいE-Action!スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーが 『せんだいE-Action!スペシャルライブ』を行いました。
「せんだいE-Action」の取り組みや、「E-Action」ポーズを来場の皆様に広めました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

中田夏まつりステージ「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in 中田夏まつり」中田小学校の「緑のカーテン」

仙台市立中田小学校で開催された「第34回中田夏まつり」ステージで、 「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in 中田夏まつり」イベントを実施しました。

長かった梅雨が明け、夏まつりに絶好のお天気に恵まれました!

お待ちかねのE-Actionステージが始まり、スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーが登場!
「せんだいE-Action」の紹介や省エネの実践を呼びかけました。

ドロシーメンバーが、ステージ後方の学校校舎に「緑のカーテン」を発見!お話しを聞くことに・・・

中田小学校は、「せんだいE-Action」推進モデル校として、児童と教員が力を合わせ「緑のカーテン」育成に取り組んでいます。 学校には、太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムが設置されているんですよ。



緑のカーテンを通じて環境教育を実施している“シンプル&スローライフの会”の柳沼眞理さんと飼育栽培委員会児童が、 「緑のカーテン」の取り組みや実行している省エネ活動を紹介してくれました。

さあ、ドロシーリトルハッピーのステージが始まりました! 「せんだい E-Action」オフィシャルソング「E→Action!」、「諦めないで」、「未来への虹」、そして新曲「colorful life」の4曲を披露♪暑さに負けないパワー溢れるステージライブに、会場のお客さんも盛り上がりました!


ステージの後は、会場のみんなとのハイタッチ。楽しんでもらえたかな?

緑のカーテンはこれからさらに校舎の屋上近くまで育っていくようです。
すくすく育った緑のカーテンの日陰で涼しくなり、教室からはきれいな緑がきっと見られるようになると思います。




正門や西門の学校周りのフェンスにも朝顔が植えられ、小さな緑のカーテンが広がり始めていました。

図工室でのワンシーンです。
小学校の雰囲気が出ていますね!

■実施概要

タイトル ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in 中田夏まつり
実施日時 2013年8月4日(日) 16:00~16:30
※イベントは終了いたしました。
会場 仙台市立中田小学校校庭
実施内容 8月4日、仙台市立中田小学校校庭にて開催された 第34回中田夏まつりにおいて、 ステージ「ドロシーリトルハッピーとE-Action♪ in 中田夏まつり」 を行ないました。
中田小学校での「緑のカーテン」などのE-Action活動取組み紹介と ドロシーリトルハッピーのライブステージ。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

TBC夏まつり『DANCE DANCE Evolution』イベントでE-Actionオフィシャルソングを歌いましたイベントはせんだいE-Action Presentsです

宮城の10代のためのダンスコンテスト『DANCE DANCE Evolution』が「せんだいE-Action!」Presentsで開催されました。
スペシャルサポーターとして未来のため「3E」を呼びかけるドロシーリトルハッピーと、
ダンスを通じて元気を届けたい10代ダンスチームのパワーで会場は大盛り上がり!

オープニング 『DANCE DANCE Evolution』初めに東京のプロダンサーによる デモンストレーションがありました!
YASMINさん(左)、橋詰大樹さん(中)、KENJIさん(右)
さすがに動きにキレがあってかっこいい!

司会はダンサーの橋詰さんと、TBC安東アナウンサー(女性)

優勝チームのダンス 宮城県内の小学生、中学生、高校生のダンスチーム7組が出場し熱気溢れるダンスを披露しました。
人気の振付師TAIKI(橋詰大樹)さんの審査により、女子中学生4人のユニット『B-BLONDE』 が見事優勝に輝きました!

優勝チーム『B-BLONDE』は、TAIKIさん振付けによる「せんだいE-Action!」のテレビCMへ出演することが決定!完成が楽しみですね♪

ドロシーリトルハッピー登場! E-Action!スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーが登場!

3Eの取り組みについての紹介と、「せんだいE-Action!」オフィシャルソングを披露しました。

E-Actionポーズ! 『せんだいE-Action!』オフィシャルソングでおなじみの
『E-Action!』ポーズを来場の皆さんと一緒に!
こんなにたくさんの方々に「せんだいE-Action!」を知っていただきました!

太陽光発電&自転車発電エネルギー体験ブース会場内には、太陽光発電&自転車発電エネルギーを体験できるブースがありました!

恒例ファンとの握手 イベントの締めくくりにお馴染みとなった、ファンの皆様との握手です!
今回も多くの方々に参加いただき
「せんだいE-Action!」を更に広める事ができました。
これからも様々なシーンで「E-Action!」を広めていきます!

■実施概要

タイトル TBC夏まつり
「せんだいE-Action! Presents DANCE DANCE Evolution」

実施日時 2013年7月20日(土) 16:15~17:00 ダンスコンテスト・オフィシャルソング披露
2013年7月21日(日) 13:20~13:30 優勝チームのダンス披露
※イベントは終了いたしました。
会場 勾当台公園市民広場
実施内容 TBC夏まつり(7/20(土)~7/21(日)開催)で、20日16:15から会場South Stageにて
「せんだいE-Action! Presents DANCE DANCE Evolution」を開催。
ドロシーリトルハッピーが、せんだいE-Action!オフィシャルソングを歌い
「せんだいE-Action!」の取り組みと「3E」について紹介しました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

伊達な杜舞台ライブ開催むすび丸

4月13日(土)、14日(日)の2日間 仙台市民広場・勾当台公園にて仙台デスティネーションキャンペーン
伊達な杜舞台イベントが開催され、ドロシーリトルハッピーが2日間計4ステージでE-Actionテーマソングを歌いました

勾当台公園ステージ13日、14日共に天気に恵まれ最高に気持ちE!野外ライブを開催できました。
勾当台公園メインステージはとても開放的!沢山のお客様がいらして大盛況でした。

大勢のお客さん ドロシーリトルハッピーからE-Actionについて説明があり、沢山のお客様にE-Actionテーマソングを聴いて頂きました。


秋保の田植踊り県内の文化芸能も沢山見る事ができました!秋保の田植踊りです

野外音楽堂 午後は場所を変え野外音楽堂でライブ!
春の日差しで気温も上がり、ファンの皆さんのボルテージは最高潮!!圧倒されました!
2ステージ目でも沢山のお客さんで客席は埋まり立ち見の方も沢山いらっしゃいました

ゆるキャラ大集合県内各地のゆるキャラが集合し、大人から子供まで楽しめました!

野外音楽堂 2ステージ目のE-Actionテーマソングでは、ドロシーリトルハッピーの後輩達も飛び入り参加!
アップテンポでノリの良い曲が更に一層華やかなムードになりました!
E-Actionポーズも確実に広まっています!

■実施概要

タイトル 仙台・宮城デスティネーションキャンペーン
伊達な杜舞台ライブ

実施日時 2013年4月13(土) 11:10~15:30、13:30〜14:00
2013年4月14(日) 10:30~11:00、12:30〜13:00

※イベントは終了いたしました。
会場 仙台市民広場・勾当台公園
実施内容 仙台・宮城デスティネーションキャンペーン 伊達な杜舞台でドロシーリトルハッピーがライブ行い 「せんだいE-Action!オフィシャルソング」を歌いE-Actionの取り組みについて解説をしました。

せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

ウェブCM企画イベント「ドロシーリトルハッピーと写真を撮ろう!」みんなでE-Action!

多くの方にご参加いただきました! 3月17日(日)、仙台市定禅寺通りのメディアテーク前中央分離帯にてせんだいE-ActionCM用の撮影会が行われました。

当日はウェブにて応募していただいた限定30名の方々にもご参加いただきました。

当日は気温が低めだったものの天気にも恵まれ、無事撮影を行うことができました。

応募いただいたみなさんにE-Actionのキャッチフレーズを考えていただき、写真の撮影も行いました。

ドロシーリトルハッピーの収録風景

ドロシーリトルハッピーはせんだいE-Action
オフィシャルソング「E→Action」に合わせた
振付の撮影も行いました。

多くの方にご参加いただき、ありがとうございました!最後はみんなでE-Action!
CMにつきましては、E-ActionのCMを作ろう!のページをご覧下さい!

■実施概要

タイトル ウェブCM企画イベント
「ドロシーリトルハッピーと写真を撮ろう!」
実施日時 2013年3月17日(日)

※イベントは終了いたしました。
会場 仙台、定禅寺通りメディアテーク前中央分離帯
実施内容 せんだいE-ActionのCM制作の収録。ウェブから応募いただいた限定30名の一般の方々にもご参加いただき、CMで使用される動画や写真の撮影が行なわれました。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

藤崎インストアライブ

3月10日(日)、藤崎本館サンモール側特設ステージで「つなごう!復興応援フェア」が開催されました。
ドロシーリトルハッピーが「E-Action」オフィシャルソングを歌いました。

大盛況!12時と14時から、ステージは2度開催されました。
どちらも大盛況!多くの方々に観て頂きました。

ファンサービス ステージ終了後は沢山のファンの方々と交流です!
関東圏からお越し頂くファンも多いとか。

E-Actionポーズ E-Actionのテーマソングには、E-Actionのポーズ!段々定着した感じがします!

リーダーのkanaさんからE-Actionについての説明と、 3Eの呼びかけもしました。

みんなで一緒にE-Action!

■実施概要

タイトル 藤崎インストアライブ
仙台『つなごう!復興応援フェア』開催

実施日時 2013年3月10日(月) 12:00 14:00 (2ステージ)

※イベントは終了いたしました。
会場 仙台藤崎本館サンモール側特設ステージ
実施内容 震災から2年が経過し、イベント『つなごう!復興応援フェア』にて、 ドロシーリトルハッピーが「せんだいE-Action!オフィシャルソング」を歌いました。
E-Actionのチラシも配布し、多くの方々にE-Actionについて知って頂きました
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

仙台市長を表敬訪問しました訪問後は街で広報活動

2月18日(月)、奥山恵美子仙台市長にこれまでの「せんだいE-Action」サポーター活動を報告。
今後もドロシーリトルハッピーのパワーで「せんだいE-Action」を推進する意気込みを伝えました。

市長にCD贈呈15日の仙台駅のイベント「みんなで知ろう!E-Action!」で初披露した「せんだいE-Action」オフィシャルソングCDを市長に贈呈しました。

スペシャルサポータータスキ贈呈 市長からドロシーリトルハッピーの5人に「せんだいE-Action」スペシャルサポーターの印として特製タスキを掛けてもらいました。

市長も一緒にE-Action! 市長は、ドロシーリトルハッピーに「E-Action」の取組みを質問。これからもドロシーリトルハッピーの活躍を期待する温かいコメントをもらいました。

市長も一緒にE-Action!

チラシ配布 表敬訪問の後、タスキ姿で仙台フォーラス前まで移動。
多くの方に「せんだいE-Aciton」を知っていただくためPRチラシを配布しました。


TV局の取材地元TV局の取材もありました!

スペシャルサポーターに就任 「せんだいE-Action」スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーです!
定禅寺通のケヤキ並木の前での「E-Action!ポーズ」です。

仙台から「E-Action!」を広めていきます。
私たちと一緒に、できることから「E-Action!」を実行してくださいね!

■実施概要

タイトル E-Action!スペシャルサポーター
「ドロシーリトルハッピー」が仙台市長を表敬訪問

実施日時 2013年2月18日(月) 15:00~15:30
表敬訪問後フォーラス前に移動し広報活動

※イベントは終了いたしました。
会場 市役所本庁舎3階 第一応接室
実施内容 スペシャルサポーターとしてこれまでの活動内容を報告し、「せんだいE-Action!オフィシャルソング」CDを奥山仙台市長に贈呈。
奥山仙台市長よりドロシーリトルハッピーにスペシャルサポーター用タスキの贈呈。
表敬訪問後、フォーラス前に移動しチラシ配布等の広報活動を実施。
せんだいE-Action!
スペシャルサポーター
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

せんだいE-Action 発信イベント「みんなで知ろう!E-Action」ドロシーリトルハッピーのE-Actionのテーマ曲

2月15日(金)に “せんだいE-Action!発信イベント「みんなで知ろう!E-Action!」” を開催しました。

会場の様子 会場は仙台駅2Fコンコース、ステンドグラス前に特設ステージを設置。
イベントは15時~と17時~、1ステージ約30分が2回催され、ドロシーリトルハッピーによる「せんだいE-Action!スペシャルステージ&ライブ」が開催されました。

E-Actionポーズ ドロシーリトルハッピーからE-Action!オフィシャルソングがお披露目され、キャッチーでポップなノリの良い曲に会場は盛り上がりました!

また、「E-Action!ポーズ」も来場者の皆様に覚えて頂きました!

あなたも一緒にE-Action! 「あなたも一緒にE-Action!」ドロシーリトルハッピーの等身大パネルと一緒に写真を撮れるコーナーもあり、多くの方々で常に賑わっていました。

併設のパネル展 ステージ脇に併設されたE-Action!に関するパネルも沢山の方々に見て頂きました。

E-Actionクイズ大会 イベント中にはクイズ大会も開催され、正解された方には記念品が贈呈されました!

当日はとても多くの皆さんに「せんだいE-Action!」イベントを見ていただき、ありがとうございました!


【イベント開催!参加者のみんさんのエネルギーで、トップページE-Action号の充填エネルギーが満タンに!宇宙へ飛び立ちました!】

■実施概要

タイトル せんだいE-Action!発信イベント
「みんなで知ろう!E-Action!」
実施日時 2013年2月15日(金) 15:00~、17:00~ (1回約30分ステージを2ステージ)
※イベントは終了いたしました。
開催会場 仙台駅2F コンコース ステンドグラス前
実施内容 「せんだいE-Actionスペシャルステージ&ライブ」でドロシーリトルハッピーからE-Action!のテーマソングをお披露目。
ステージ終了後に来場者にせんだいE-Actionチラシを配布。
せんだいE-Actionパネル展も併設されました。
出演 ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

▲このページのトップへ

せんだいE-Action!公開講座「みんなでE-Study!」~ドロシーリトルハッピーと3Eを学ぼう♪~ドロシーリトルハッピーのE-Action!

12月21日(金)に “せんだいE-Action!公開講座「みんなでE-Study!」~ドロシーリトルハッピーと3Eを学ぼう♪~” を開催しました。

主催者挨拶 公開講座は18時に開演。
講演に先立ち、主催である仙台市環境局環境都市推進課、川股直哉課長からの挨拶と、「せんだいE-Action!」スペシャルサポーターのドロシーリトルハッピーの紹介がありました。

第一部講演「あたりまえの未来を考える」 第一部講演「あたりまえの未来を考える」
東北大学大学院 環境科学研究科教授 石田秀輝先生


幸福や豊かさを考えることから始まり、現状のデータや説明を通して、人が使うエネルギーのこれから進むべき方向、あり方のお話がなされました。
これまでの足し算や引き算の思考とは異なり、ライフスタイルから考える「バックキャスティング」思考についてや、その思考に基づいて展開する新しい方向性のヒントを自然の中から見つける「ネイチャーテクノロジー」についての興味深いお話しがありました。

第二部講演「E-Action特別授業」 第二部講演「E-Action!特別授業」
東北大学大学院 環境科学研究科准教授 浅沼宏先生


ドロシーリトルハッピーも参加し、クイズ形式による環境とエネルギーに関する授業が行われました。 これからのエネルギーの可能性をいろいろな形でご紹介いただきました。
 クイズでは一般参加者の方々にもお答えいただき、見事正解者には記念品のプレゼントも!

浅沼先生とドロシーリトルハッピー 当日は多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました!

【イベント開催!参加者のみんさんのエネルギーで、トップページE-Action号の充填エネルギーが3ゲージアップ!】

■実施概要

タイトル せんだいE-Action!公開講座「みんなでE-Study!」
~ドロシーリトルハッピーと3Eを学ぼう♪~
実施日時 2012年12月21日(金) 18:00~20:00 (17:30~開場)
※イベントは終了いたしました。
開催会場 仙台市役所本庁舎 8階ホール
実施内容 私たちの暮らしに関わりの深いエネルギー問題や、持続可能な社会を実現するライフスタイルを考える講座を、ドロシーリトルハッピーと一緒に受講します。
クイズに参加しながら楽しく学べる環境講座です。クイズ当選者には、「ドロシーリトル ハッピー」 から素敵な記念グッズをプレゼントします!
出演 東北大学大学院 環境科学研究科 石田 秀輝 教授
東北大学大学院 環境科学研究科 浅沼 宏 准教授
ドロシーリトルハッピー(KANA、MARI、RUUNA、MIMORI、KOUMI 計5名)

このページのトップへ